請求書を送るのが遅延してしまった場合のお詫びメール例文

請求書のメール文例集

請求書は、期日までに送るのが礼儀です。送付が遅れてしまうと、取引先でも処理が進まず迷惑をかけます。万が一、請求書の送付が遅れた場合は、誠心誠意対応するのが肝心です。

そこで今回は、請求書が遅延してしまった場合のお詫びメールをご紹介します。例文を2つご用意しましたので、参考にしてください。

請求書遅延を謝罪するメールのポイント

ミスが分かった時点で、なるべく早くお詫びメールを送りましょう。
まず、件名にメールの用件を端的に書きます。
今回であれば「請求書遅延に関するお詫び」などがあてはまります。

本文は、冒頭で請求書が予定どおりに届かなかったことをお詫びしましょう。
大切なのは、発生してしまったミスの原因を説明することではありません。
謝罪と合わせて、事後の対応を明確に提示することが重要です。

具体的には「いつ請求書を送ることができるか」「同じミスが起こらないように、今後どうするのか」といったことを、先方に伝えます。
単なるお詫びだけでは不十分ですし、相手側を不安にさせてしまいます。メールのポイントは、謝罪に加えて今後の予定と対応を記すことだと心得てください。

請求書が遅延してしまったときのお詫びメール例文

【例文1】
件名:請求書(№12345)送付遅延について
本文:
△△株式会社
経理部 ××××様
平素より、大変お世話になっております。
□□株式会社の〇〇〇〇です。
本来であれば、◯月◯日に御社にお渡しするはずであった
請求書(№12345)の送付が、社内のチェックミスにより遅れております。
御社には多大なる御迷惑をおかけし、深くお詫び申し上げます。
請求書(№12345)は、明日00時までにメールにて送付いたします。
今後は、社内の体制を見直し、細心の注意を払う所存です。
引き続き、変わらぬお引き立てのほど、よろしくお願いいたします。
□□株式会社 △△部
〇〇〇〇
TEL:00-0000-0000
MAIL:aaaaaaaa@xxxx.co.jp

【例文2】
件名:ご請求書遅延のお詫び
本文:
株式会社□□
□□部 □□課 □□□□様
平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
株式会社〇〇の××××です。
先日は、御社への請求書送付が遅くなり、大変申し訳ありませんでした。
請求書につきましては、△月△日(曜日)中にお届けいたします。
今回の件は、私が請求書の送付を失念していたことが原因です。
今後、同じミスが起きないよう、十分留意してまいります。
何卒よろしくお願い申し上げます。
株式会社〇〇 □□部
××××
TEL:00-0000-0000
MAIL:aaaaaaaa@xxxx.co.jp

まとめ

請求書の送付が遅れてしまった事実により、先方の信頼は大なり小なり損なわれています。
早急な謝罪と対応が、関係回復につながることは言うまでもありません。

お詫びのメールに不備がないよう、ビジネスマナーをふまえた誠意ある文章を心がけましょう。

おすすめの受取請求書データ化サービス

正確性重視なら

invox(インボックス)

invoxは、AI OCRが自動データ化した結果を人間のオペレーターが確認することで、99.9%以上の正確性を保証するサービスです。
invoxをさらに詳しく

スピード重視なら
sweeep(スイープ)

sweeepは、OCR機能で判別した請求書を独自のAIが3秒で自動仕訳するスピーディーな処理のサービスです。
sweeepをさらに詳しく