件名は?ご査収って?請求書を送るときのメール例文

請求書のメール文例集

これまで、請求書の送付は郵送が一般的でした。しかし、今後は請求書の送付もメールでやりとりする機会が増えていくでしょう。

そこで今回は、請求書をメールで送るときに必要な基礎知識とともに、ビジネスマナーをおさえたメール例文を紹介していきます。

請求書をメールで送付するときのポイント

請求書をメールで送るときは、必ず件名に請求書に関するメールだということを記載してください。そうすることで先方にも要件が明確に伝わり、見落としを防ぎます。

メールの本文は相手方の名前・ご挨拶・請求書の概要で構成します。
必要に応じて、請求金額や支払期限を添えると、より親切です。
最後に締めの挨拶と署名を記載しましょう。

請求書を送るときのメール例文

【例文1】
件名:◯月分請求書送付について【添付書類1件】
本文:
〇〇株式会社 ××部
△△ △△様
いつもお世話になっております。
□□株式会社の〇〇です。
「××××」の件について、◯月分の請求書をPDFファイルにてお送りします。
ご査収のほどよろしくお願いいたします。
【添付内容】
・××××請求書(PDF) 1通
尚、お支払い期限は20XX年XX月XX日迄となっております。
内容をご確認の上、期日までにお手続きくださいますよう、よろしくお願いいたします。
□□株式会社 △△部
〇〇〇〇
TEL:00-0000-0000
MAIL:aaaaaaaa@xxxx.co.jp

【例文2】
件名:請求書送付のご案内 【株式会社〇〇】
本文:
株式会社□□ △△部 御中
株式会社〇〇営業部の××××と申します。
平素より格別のお引き立てをいただき、誠にありがとうございます。
商品「××××」に関する請求書を
添付ファイルにて送付いたしますので、ご査収くださいませ。
本請求の期日である、◯月◯日までにお振り込みくださいますようお願い申し上げます。
ご請求番号:No.123456
ご請求金額:00,000円
お振込期日:XXXX年XX月XX日(□曜日)
ご不明点やファイルが開封できないなどございましたら、
お手数ですが、××までご連絡ください。
今度ともどうぞよろしくお願いします。
株式会社〇〇 □□部
××××
TEL:00-0000-0000
MAIL:aaaaaaaa@xxxx.co.jp

まとめ

メールの文面が丁寧であれば、請求書を受け取った相手にも好印象をもってもらえるでしょう。請求書送付の文面に迷ったときは、ぜひ例文をご活用ください。

おすすめの受取請求書データ化サービス

正確性重視なら

invox(インボックス)

invoxは、AI OCRが自動データ化した結果を人間のオペレーターが確認することで、99.9%以上の正確性を保証するサービスです。
invoxをさらに詳しく

スピード重視なら
sweeep(スイープ)

sweeepは、OCR機能で判別した請求書を独自のAIが3秒で自動仕訳するスピーディーな処理のサービスです。
sweeepをさらに詳しく