LayerX(レイヤーエックス)インボイスの料金や評判を詳しく解説

受取請求書データ化サービス

LayerX インボイスのロゴ

株式会社LayerXが2021年1月より提供を開始したLayerX(レイヤーエックス)インボイスは、請求書の受取をはじめとする経理業務のDX化を支援するクラウド型のサービスです。

LayerX(レイヤーエックス)インボイスの特徴

ポイント1

AI OCRを駆使し、経理業務の手入力ゼロ・クラウド完結を推進

LayerX インボイスは、請求書の受取から会計処理、支払処理まで自動化します。

請求書の受取は、宛先をLayerX インボイスに指定してメール回収するか、PDFや画像データをアップロードします。

取り込まれた請求書は、定形・非定形に関わらずAI OCRが取引先社名や⽀払期⽇、請求金額といった必要な情報を読み取ってデータ化します。

読み取られた部分は、原本の画像と入力画面を並べた状態で色別にマークされるので、確認も容易です。

また、LayerX インボイスには登録済の仕訳データを学習する機能も備わっています。
過去の仕訳情報が自動で補完されるので、手入力の手間が省けます。

さらに、さまざまな会計ソフトともAPI・CSV連携しています。
また、振込データの⾃動⽣成機能により、総振データもワンクリックで作成可能です。

以上のような経理業務を全てクラウド上で一元管理、完結できる点がLayerX インボイスの特徴といえます。

ポイント2

ミス防止アラートやレポート作成など便利な機能も搭載

LayerX インボイスには、ミス防止アラート機能があります。
同じ請求書を判定してアラートをあげるので、二重払いを防止してくれます。
また、入力画面には、貸借差や負債残⾼(源泉税は除く)まで表⽰されるため、請求業務のミスをカバーできます。

さらに、後工程の支援も充実しており、⽀払⾦額レポート、源泉所得税レポートといった便利な機能が備わっています。

LayerX(レイヤーエックス)インボイスの料金表

LayerX インボイスの料金プランは非公開ですが、月間の請求書処理枚数が100枚までなら3万円/月から利用できます。

枚数や利用する機能によって個別の見積りとなるようです。

項目 料金
初期費用 非公開
月額基本料金 30,000円〜
データ化料金 〜100円/件
データ化にかかる時間 数秒
無料トライアルの有無 可能(約2週間)
公式サイト 公式サイトを見る

LayerX(レイヤーエックス)インボイスのサービス対応範囲

LayerX インボイスは、AI OCRによるデータ化が基本となり、オペレーターによる補正はありません。

紙の請求書の場合、提携パートナーサービスを利用すると代理受領・スキャン代行が可能です。
その後の保管やデータ化までを担ってくれます。

カスタマーサポートのレベルがプランごとに異なりますが、基本的には3プランで利用できる機能に大きな差はありません。
エンタープライズのみ、個別見積で付随機能を付けられます。

項目 有無
請求書の受取・スキャン
AI OCRのみのデータ化
オペレーターによる二重チェック・修正
支払データ生成
仕訳データ生成
会計ソフトへの連携

LayerX(レイヤーエックス)インボイスの最新情報

  • 2021年5月:会計事務所・税理士事務所向けプランを提供開始
  • 2021年5月:回収漏れ網羅チェック機能をリリース
  • 2021年4月:ワークフロー機能を提供開始
  • 2021年3月:マネーフォワード クラウド会計と連携開始
  • 2021年3月:郵便管理クラウド「atena」と協業開始
  • 2021年2月:勘定奉行シリーズと連携開始
  • 2021年2月:PCA会計シリーズと連携開始
  • 2021年2月:弥生会計と連携開始

LayerX(レイヤーエックス)インボイスの評判・クチコミ


LayerX(レイヤーエックス)インボイスの評判・クチコミ1つ目

レイヤーエックスインボイスで一番印象に残ったのは、会計システムと連携という点とミス防止アラートです。仕訳は毎回同じでも毎回入力しないといけないし、違う仕訳のときはいろいろと調べないといけないという部分も自動化できるのは大変効率的です。また請求書管理においてミスは信用に関わる部分なのでそこを防止アラート付きというのは非常に助かると思います。

LayerX(レイヤーエックス)インボイスの評判・クチコミ2つ目

LayerX インボイスは、デモの依頼ができるのが魅力であると思いました。このようなシステムを導入するにあたり、本当にそのシステムが会社に合っているのかが最大の疑問であると思いますので試せるのは嬉しいです。

LayerX(レイヤーエックス)インボイスの評判・クチコミ3つ目

LayerXは料金プランが明示されているのはとてもよいと思いますが、掲載されている内容が一般的で独自性があまりないような印象です。

LayerX(レイヤーエックス)インボイスの評判・クチコミ4つ目

LayerX インボイスは、二重に同じ請求書を登録していないか判断するアラート機能がついており、ミス防止に役立つと思いました。また、ユーザー数の制限がなく大量の請求書を処理する企業ならお得感があると思います。

LayerX(レイヤーエックス)インボイスの評判・クチコミ5つ目

LayerX インボイスを利用することで請求書の処理を手入力する必要がなくなりますが、チェック体制が機能するかは疑問です。上手く機能しなかったら修正が面倒だと思います。

LayerX(レイヤーエックス)インボイスの評判・クチコミ6つ目

LayerX インボイスは、出社不要で業務を行うことを可能とする点に魅力を感じます。これからの社会での新しい働きかたを推進しているようで希望が持てます。

LayerX(レイヤーエックス)インボイスの評判・クチコミ7つ目

LayerXインボイスは、無駄な機能は極力減らして、使いやすさを重視した非常にシンプルなサービスという印象を受けました。

LayerX(レイヤーエックス)インボイスの評判・クチコミ8つ目

請求書のデータ化だけでなく、仕訳学習や源泉所得税の集計など、かなりサービス範囲が広いと思いました。システムもサクサク動きそうで、作業上のストレスもないのではないかと期待できます。

LayerX(レイヤーエックス)インボイスの評判・クチコミ9つ目

Webサイトのデザインがテンプレート感があり、それだけでサービスについても少し不安を感じました。導入企業についても掲載が少なく、かつ具体的な社名も出ていないため、本当に使われているのだろうかという気持ちが生じました。

LayerX(レイヤーエックス)インボイスを含めた受取請求書データ化サービスの比較

オペレーターあり invox Bill One RICOH Cloud OCR for 請求書
初期費用 0円 非公開
(スモールビジネスプラン無料)
非公開
月額基本料金 980円〜29,800円 10万円〜
(スモールビジネスプラン無料)
1.5円~10万円
データ化料金 50〜100円/件 非公開
(スモールビジネスプラン無料)
100円~300円/件
データ化の時間 数分〜 数時間 非公開
無料トライアル 可能 非公開 可能
オペレーター確認 あり あり あり
オペレーターなし sweeep スマートOCR 請求書 LayerX インボイス
初期費用 0円~ 10万円〜 非公開
月額基本料金 3万円~10万円 3万円〜 3万円〜
データ化料金 100円〜300円/件 枚数によって変動 〜100円/件
データ化の時間 数秒 数分 数秒
無料トライアル 可能 可能 可能
オペレーター確認 なし なし なし

おすすめの受取請求書データ化サービス

正確性重視なら

invox(インボックス)

invoxは、AI OCRが自動データ化した結果を人間のオペレーターが確認することで、99.9%以上の正確性を保証するサービスです。
invoxをさらに詳しく

スピード重視なら
sweeep(スイープ)

sweeepは、OCR機能で判別した請求書を独自のAIが3秒で自動仕訳するスピーディーな処理のサービスです。
sweeepをさらに詳しく