スマートOCR 請求書の料金や評判を詳しく解説

受取請求書データ化サービス

スマートOCRのロゴ

「スマートOCR 請求書」は、請求書や領収書、名刺などの非定型帳票をAI OCRによってデータ化するスマートOCRシリーズのラインナップのひとつです。
ソフトウェア開発を手掛けるインフォディオが、2019年8月より提供しています。

スマートOCR 請求書の特徴

ポイント1

自社開発された高精度データ抽出機能

OCRは、自社開発された高精度の文字認識・データ抽出機能を持ち合わせています。
そのため、白抜きや網掛け、手書きの文字でも正しく読み取れます。

加えて、インフォディオが独自に開発した「文字列単位」の認識機能、歪み補正や方向検知、印鑑除去といった技術も搭載しており、高精度なデータ化を実現しています。

また、請求金額や消費税といった基本項目に限らず、複雑な表データにある明細項目もフレキシブルにデータ化できます。

ポイント2

マスターと連携

マスターと連携させることで、会社の電話番号から正式会社名、会社コード、担当者を自動的に表示します。
また、商品名から商品コードをひろうこともできます。

スマートOCR 請求書の料金表

スマートOCR 請求書を利用するには、まずスマートOCRの導入が必要です。
プランによって料金は異なりますが、スマートOCRの導入費用が100,000円、スマートOCR請求書オプションとして30,000円がかかります。
月額費用は30,000円からです。加えて、最低利用期間が設定されています。

既にスマートOCRを導入している企業であれば、スマートOCRの導入費用100,000円はかからず、月額費用についても契約中のプラン料金内でまかなわれます。
プランの決定後、詳しい見積もりは、問い合わせが必要です。

無料トライアルは、1日限定で10枚まで利用可能。
実際の画面を使って、アップロードから変換、ダウンロードまでの一連の流れを体験できます。

加えて、有料トライアルが2種類用意されています。
3日間のプランなら1万円で100枚まで、5日間のプランなら3万円で200枚までトライアルできます。

項目 料金
初期費用 100,000円〜
月額基本料金 30,000円〜
データ化料金 枚数によって変動
データ化にかかる時間 数分
無料トライアルの有無 可能(1日限定10枚まで)
公式サイト 公式サイトを見る

スマートOCR 請求書のサービス対応範囲

紙の請求書を複合機から読み取るか、携帯で請求書を撮影してスマートOCRのアプリからアップロードします。

請求書の読み取りからデータ化までは、AI OCRが自動で行ってくれます。
しかし、内容が正しいか、修正があるかどうかは担当者が確認する必要があります。
読み取れない請求書があった場合、抽出設定代行サービスにより1インシデントにつき5,000円でデータ化が可能です。

仕訳データや支払データの作成には対応しておらず、請求書の受取やスキャン代行サービスは扱っていないので、紙の請求書を取り込むには自社の人員が必要になります。

スマートOCR 請求書は、経理業務の一端を担うシステムと言えるでしょう。

項目 有無
請求書の受取・スキャン
AI OCRのみのデータ化
オペレーターによる二重チェック・修正
支払データ生成
仕訳データ生成
会計ソフトへの連携

スマートOCR 請求書の評判・クチコミ


スマートOCR 請求書の評判・クチコミ1つ目

スマートOCR 請求書の情報量の少なさは、自信の表れなのかと感じましたが、情報量のわりになぜか安心感がありました。

スマートOCR 請求書の評判・クチコミ2つ目

スマートOCR 請求書は、Webセミナーの宣伝が最初にあって目を引きました。使い方を自分がデモで試すより、セミナー形式で使い方を教わったほうが上長に進言しやすく、自分でも使ってみようと思います。

スマートOCR 請求書の評判・クチコミ3つ目

スマートOCR 請求書は初見のユーザーより、従来から利用しているユーザーのためのサービスだと思います。

スマートOCR 請求書の評判・クチコミ4つ目

スマートOCR 請求書は、サイトにあまり機能の詳細が書かれていないので、良さがあまり伝わりませんでした。

スマートOCR 請求書の評判・クチコミ5つ目

スマホからもアプリでシステムに入り、請求書の処理状況を随時確認できるので、外出が多いスタッフには便利なサービスだと思います。

スマートOCR 請求書の評判・クチコミ6つ目

スマートOCR 請求書は、アップロードするとOCRが自動入力し、簡単にデータ化できます。必要な時にその書面を探しやすそうです。在宅で業務ができ、操作も簡単そうなのがいいと思います。

スマートOCR 請求書の評判・クチコミ7つ目

スマートOCR 請求書は、動画で簡単な操作説明があるだけで肝心な説明がなく、資料を取り寄せる必要があるため、手間がかかりそうな印象を受けました。

スマートOCR 請求書の評判・クチコミ8つ目

スマートOCR 請求書は、導入企業の事例が少ないので導入をするかどうか迷いますが、コストが合えば検討してみてもよいと思います。

スマートOCR 請求書の評判・クチコミ9つ目

何ができるのか、スマートOCR 請求書のサイトを閲覧しただけでは分かりづらいですが、動画が参考になります。

スマートOCR 請求書の評判・クチコミ10つ目

業務的な観点より技術的な観点を強調しているため、どのように使うか自分で考える必要があります。ただし対象に特化したパックも用意されているので、それを検討するのがわかりやすいと思います。

スマートOCR請求書を含めた受取請求書データ化サービスの比較

オペレーターあり invox Bill One RICOH Cloud OCR for 請求書
初期費用 0円 非公開
(スモールビジネスプラン無料)
非公開
月額基本料金 980円〜29,800円 10万円〜
(スモールビジネスプラン無料)
1.5円~10万円
データ化料金 50〜100円/件 非公開
(スモールビジネスプラン無料)
100円~300円/件
データ化の時間 数分〜 数時間 非公開
無料トライアル 可能 非公開 可能
オペレーター確認 あり あり あり
オペレーターなし sweeep スマートOCR 請求書 LayerX インボイス
初期費用 0円~ 10万円〜 非公開
月額基本料金 3万円~10万円 3万円〜 3万円〜
データ化料金 100円〜300円/件 枚数によって変動 〜100円/件
データ化の時間 数秒 数分 数秒
無料トライアル 可能 可能 可能
オペレーター確認 なし なし なし

おすすめの受取請求書データ化サービス

正確性重視なら

invox(インボックス)

invoxは、AI OCRが自動データ化した結果を人間のオペレーターが確認することで、99.9%以上の正確性を保証するサービスです。
invoxをさらに詳しく

スピード重視なら
sweeep(スイープ)

sweeepは、OCR機能で判別した請求書を独自のAIが3秒で自動仕訳するスピーディーな処理のサービスです。
sweeepをさらに詳しく