board(ボード)の料金や評判を詳しく解説

請求書発行サービス

小規模事業者をメインユーザーとする、ヴェルク株式会社の「board(ボード)」は、帳票の発行・作成に加えて、企業の業務・経営を一元管理できるクラウド型サービスです。

board(ボード)の特徴

ポイント1

請求書発行だけに留まらない周辺業務までを広範囲にサポートするシステム

boardの特徴は、請求書や見積書の作成や発行といったサービスに加え、企業の業務管理や分析・予測といった領域までもカバーできることです。

boardを使うと、営業・支払管理、売上見込の把握やキャッシュフロー予測に至るまでを一元管理できます。
業務全体の流れが可視化され、効率化につながります。

もちろん、基本的な請求書作成サービスも備わっています。
boardには、帳票の自動作成、PDF出力・印刷・メール送信・郵送の一括処理、タスク通知機能などがあります。
これらの機能を使えば、請求処理をスピーディーに完了させられます。

ポイント2

情報を案件単位で管理するので業務が効率化できる

もう一つの特徴は、案件単位で情報を管理できることです。
取引には、さまざまな帳票が紐づいています。
しかし、多くの請求書発行サービスは、それらの帳票を単体で扱うことがほとんどです。

boardは「案件」という概念を用いてシステムが構築されているため、案件に関連する帳票がまとまっており、いつでもスムーズに発行できます。

案件ごとに受注ステータス、納品日、請求日などを管理できるので、必要なタスクがひと目でわかるようになっています。

加えて、案件には原価を登録可能です。
これにより、案件ごとの受発注管理、損益管理までできるようになります。

board(ボード)の料金表

boardは、初期費用がかかりません。
利用するプランによって料金は異なりますが、どれも低価格に設定されているので料金を抑えたいというユーザーには最適です。
メインである小規模事業者向けの他にも、フリーランスや個人事業主、従業員100人以上の企業向けプランも用意されています。

請求書作成サービスだけでは物足りないが、基幹システムの導入までは至らないといったニーズにマッチするでしょう。

プレミアムプランは50名までになっていますが、それ以上の人数で利用する場合でも、1ユーザーごとに月額200円(税抜)で追加が可能です。

郵送代行は前もって「郵送チケット」を購入してから、チケットを消費するシステムです。
送付状を含めて、1通あたり6枚まで同封できます。

項目 パーソナル ベーシック スタンダード プレミアム
初期費用 0円
月額基本料金 980円 1,980円 3,980円 5,980円
ユーザー数 1 3 15 50
請求処理件数
超過した場合の請求処理料金
請求書郵送料金 170円/件
無料トライアルの有無 ○(30日間)
公式サイト 公式サイトを見る

board(ボード)のサービス対応範囲

boardは、さまざまな外部サービスと連携しています。
会計システムであれば、freeeとのAPI連携が可能です。
MFクラウド会計・弥生会計・弥生会計オンライン・勘定奉行はCSVを出力し、取り込むことができます。

また、電子契約サービスとの連携では、APIを利用してクラウドサイン・DocuSignから書類を送信、締結まで行えます。
加えて、Slack・chatworkと連携して通知を送ることも可能です。

ユーザーサポートは全てのプランでチャットのみの対応になりますが、サイト上のヘルプセンターにも、詳しい操作方法が記載されています。

作成できる帳票

見積書・発注書・発注請書・納品書・検収書・請求書・領収書・見積依頼書・支払通知書作成

作成

項目 パーソナル ベーシック スタンダード プレミアム
請求書テンプレート作成
送付状テンプレート作成
請求書自動作成スケジュール予約 ○(定期請求)
ワークフロー/承認フロー

送信

項目 パーソナル ベーシック スタンダード プレミアム
PDFダウンロード
メール添付
郵送代行
窓付封筒対応
FAX代行

入金

項目 パーソナル ベーシック スタンダード プレミアム
入金消込
未入金催促
代金回収代行
予実管理

その他

項目 パーソナル ベーシック スタンダード プレミアム
会計ソフト連携
電子契約サービス連携
スマホ対応
電子帳簿保存法対応

受取請求書データ化サービスの比較

invox Bill One sweeep
初期費用 0円 非公開 非公開
月額基本料金 980円〜29,800円 10万円〜 3万円~10万円
データ化料金 50〜100円/件 非公開 100円~300円/件
データ化の時間 数分〜 数時間 数秒
無料トライアル 可能 非公開 可能
オペレーター あり あり なし
RICOH Cloud OCR for 請求書 スマートOCR 請求書 AIスキャンロボ
初期費用 非公開 10万円〜 非公開
月額基本料金 1.5円〜10万円 3万円〜 非公開
データ化料金 100円〜300円/件 枚数によって変動 非公開
データ化の時間 非公開 数分 非公開
無料トライアル 可能 可能 可能
オペレーター あり なし なし

おすすめの受取請求書データ化サービス

正確性重視なら

invox(インボックス)

invoxは、AI OCRが自動データ化した結果を人間のオペレーターが確認することで、99.9%以上の正確性を保証するサービスです。
invoxをさらに詳しく

スピード重視なら
sweeep(スイープ)

sweeepは、OCR機能で判別した請求書を独自のAIが3秒で自動仕訳するスピーディーな処理のサービスです。
sweeepをさらに詳しく