Misoca(ミソカ)の料金や評判を詳しく解説

請求書発行サービス

弥生株式会社が提供する「Misoca(ミソカ)」は、見積書や納品書、請求書といったさまざまな帳票をクラウド上で一元管理できるサービスです。
個人事業主から法人まで、それぞれに使いやすいプランがそろっています。

Misoca(ミソカ)の特徴

ポイント1

見積書・納品書・請求書の管理が一括でできる

Misocaの特徴は、見積書・納品書・請求書をクラウド上で一元管理できることです。
対応できる帳票の種類も豊富で、見積書を納品書や請求書に変換したり、請求書を使って領収書・検収書を作成したりすることも可能です。

これらのさまざまな帳票はクラウド上で共有でき、請求や入金状況のステータスを一括で管理できます。
請求漏れやミスの抑止につながり、業務の効率化を実現できます。

ポイント2

ワンクリックで請求書を作成・送付でき、自動化にも対応

請求書のデザインは14種類のテンプレートが用意されており、自社のロゴや陰影をいれてカスタマイズが可能です。

また、設定が完了した請求書のメール送付や郵送、PDFの発行やダウンロードはワンクリックで完了します。
データには、自動バックアップや暗号化といったセキュリティ対策もとられているので安心です。

さらに、Misocaには自動化の機能も備わっているため、定期的な請求書を指定日に自動で作成し送付することも可能です。
確定申告ソフトへの仕訳自動送信もでき、経理業務の負担が軽減されます。

Misoca(ミソカ)の料金表

請求書枚数が5枚までの無料プランなら、料金がかからず永年利用できます。
請求処理件数の設定が細かく、比較的少額からはじめられるのもMisocaの特徴です。

フリーランスの方や小規模事業者の方にとっては、事業規模によってプランを選びやすく、費用も抑えられるでしょう。

また、Misocaは請求書と納品書の同封も可能です。納付書1枚につき、30円の追加料金がかかります。
1回の郵送で請求書との合計6ページまでという上限はありますが、手作業で封入・投函する手間を一挙に省けます。

項目 無料プラン プラン15 プラン100 プラン1000
初期費用 0円 8,000円 30,000円 100,000円
月額基本料金 0円 800円 3,000円 10,000円
ユーザー数 1 2 5 30
請求処理件数 5件 15件 100件 1,000件
超過した場合の請求処理料金 70円/件(1000件まで) 70円/件(1000件まで)
請求書郵送料金 160円/件 160円/件 160円/件
無料トライアルの有無
公式サイト 公式サイトを見る

Misoca(ミソカ)のサービス対応範囲

Misocaは、弥生会計・freee・マネーフォワードクラウドと連携できます。
特に弥生シリーズのデスクトップ版・クラウド版ともに相性がいいので、会計・申告業務の効率化が可能です。

有償プランであれば、チャット・電話・メールでサポートが受けられます。

Misocaに回収代行のサービスはありませんが、請求書1通から回収保証を付与できる「Misoca回収保証」が備わっています。初期費用や月額固定費はかかりません。
保証金額10万円以下なら、税込800円、10万円を超える分には1万円につき80円の追加料金で、売掛金の保証を受けられます。

さらにスマートフォンやタブレットでも帳票の作成・管理が可能です。
場所と時間を選ばず、手軽に操作できる点が魅力といえます。

作成できる帳票

請求書・見積書・納品書・注文書・注文請書・領収書・検収書

作成

項目 無料プラン プラン15 プラン100 プラン1000
請求書テンプレート作成
送付状テンプレート作成
請求書自動作成スケジュール予約
ワークフロー/承認フロー

送信

項目 無料プラン プラン15 プラン100 プラン1000
PDFダウンロード
メール添付
郵送代行
窓付封筒対応
FAX代行

入金

項目 無料プラン プラン15 プラン100 プラン1000
入金消込
未入金催促
代金回収代行 -(Misoca回収保証オプションあり)
予実管理

その他

項目 無料プラン プラン15 プラン100 プラン1000
会計ソフト連携
電子契約サービス連携
スマホ対応
電子帳簿保存法対応

受取請求書データ化サービスの比較

invox Bill One sweeep
初期費用 0円 非公開 非公開
月額基本料金 980円〜29,800円 10万円〜 3万円~10万円
データ化料金 50〜100円/件 非公開 100円~300円/件
データ化の時間 数分〜 数時間 数秒
無料トライアル 可能 非公開 可能
オペレーター あり あり なし
RICOH Cloud OCR for 請求書 スマートOCR 請求書 AIスキャンロボ
初期費用 非公開 10万円〜 非公開
月額基本料金 1.5円〜10万円 3万円〜 非公開
データ化料金 100円〜300円/件 枚数によって変動 非公開
データ化の時間 非公開 数分 非公開
無料トライアル 可能 可能 可能
オペレーター あり なし なし

おすすめの受取請求書データ化サービス

正確性重視なら

invox(インボックス)

invoxは、AI OCRが自動データ化した結果を人間のオペレーターが確認することで、99.9%以上の正確性を保証するサービスです。
invoxをさらに詳しく

スピード重視なら
sweeep(スイープ)

sweeepは、OCR機能で判別した請求書を独自のAIが3秒で自動仕訳するスピーディーな処理のサービスです。
sweeepをさらに詳しく