楽楽明細の料金や評判を詳しく解説

請求書発行サービス

「楽楽明細」は、株式会社ラクスが手掛ける、クラウドサービスです。
請求書・納品書・支払明細といった幅広い帳票をWEB上で発行できます。

楽楽明細の特徴

ポイント1

請求書はもちろん、さまざまな帳票を自動発行し、4つの送付方法から選択できる

楽楽明細の特徴は、さまざまな種類の帳票を自動発行・送付できることです。
請求書・支払明細・納品書・領収書をはじめ、チラシやお知らせなどの書類にも対応してくれます。
加えて「一括同封機能」により、これら複数の帳票をまとめて送信することも可能です。

楽楽明細は、検収書や発注書、見積書の発行実績もあります。
サイト上に記載のない書類でもWEB化できるか、個々に相談に応じてくれます。

また、取引先ごとにPDFをダウンロードするWEB発行・メール添付・郵送・FAXの4つから送付方法を選べるので、顧客のニーズにあった対応が可能です。

帳票データのCSVかPDFをアップロードすれば、発行から送付まで自動的に完了します。
これまで時間のかかっていた印刷・封入・発送の手間を大幅に削減できるでしょう。

ポイント2

直感的な操作画面でシステムが苦手でも使いやすい

楽楽明細は、簡単でシンプルな操作画面にこだわっています。
複雑な機能を省き、請求書発行に特化したつくりになっているため、新しいシステムを使うことに抵抗のある人でも使いやすいでしょう。

また、登録をすると操作画面のデモを無料で確認できます。
実際に利用する前に、画面を見ておきたいという方には安心です。

楽楽明細の料金表

楽楽明細の料金は、基本プランのみ開示されています。
その他に複数のプランが用意されているのか、料金が異なるのかといった詳細は、問い合わせてからになります。

郵送代行は1通からでも発行が可能です。
封入枚数やカラー印刷の有無により料金は変動しますが、イレギュラーな郵送にも1通164円~対応できるのは魅力といえます。

項目 料金
初期費用 100,000円~
月額基本料金 24,000円~
ユーザー数
請求処理件数
超過した場合の請求処理料金
請求書郵送料金 164円~/件
無料トライアルの有無
公式サイト 公式サイトを見る

楽楽明細のサービス対応範囲

楽楽明細は、電子帳簿保存法に対応しています。請求書の原本を保管する必要がなくなるため、業務の効率化・ペーパーレス化が進みます。

さらに、サポート体制も充実しています。
システム導入前から、専属の担当者が相談に応じてくれます。
また、利用開始後は専任のサポートスタッフが電話やメールで初期設定や運用相談を行ってくれます。

作成できる帳票

請求書・支払明細書(支払通知/支払案内書)・納品書・検収書・領収書ほか

作成

項目 可否
請求書テンプレート作成
送付状テンプレート作成
請求書自動作成スケジュール予約
ワークフロー/承認フロー

送信

項目 可否
PDFダウンロード
メール添付
郵送代行
窓付封筒対応
FAX代行

入金

項目 可否
入金消込
未入金催促
代金回収代行
予実管理

その他

項目 可否
会計ソフト連携
電子契約サービス連携
スマホ対応
電子帳簿保存法対応

受取請求書データ化サービスの比較

invox Bill One sweeep
初期費用 0円 非公開 非公開
月額基本料金 980円〜29,800円 10万円〜 3万円~10万円
データ化料金 50〜100円/件 非公開 100円~300円/件
データ化の時間 数分〜 数時間 数秒
無料トライアル 可能 非公開 可能
オペレーター あり あり なし
RICOH Cloud OCR for 請求書 スマートOCR 請求書 AIスキャンロボ
初期費用 非公開 10万円〜 非公開
月額基本料金 1.5円〜10万円 3万円〜 非公開
データ化料金 100円〜300円/件 枚数によって変動 非公開
データ化の時間 非公開 数分 非公開
無料トライアル 可能 可能 可能
オペレーター あり なし なし

おすすめの受取請求書データ化サービス

正確性重視なら

invox(インボックス)

invoxは、AI OCRが自動データ化した結果を人間のオペレーターが確認することで、99.9%以上の正確性を保証するサービスです。
invoxをさらに詳しく

スピード重視なら
sweeep(スイープ)

sweeepは、OCR機能で判別した請求書を独自のAIが3秒で自動仕訳するスピーディーな処理のサービスです。
sweeepをさらに詳しく